MENU

10万円お金を借りるときの利子ってヤバい?意外と知らない事実

お金借りる 利子

消費者金融などからお金を借りる時にかかる利子ですが、1ヶ月にいくらかかるか皆さんは知っていますか?

 

よく見かける【年利〇〇%】という表示がありますが、これが「お金を借りた際に払わなければいけない利子」を表したものになります。

 

また、法律では金利には上限が設けられているので、上限以上の金利を設定する事は出来ません。

 

■法律で定められている金利
・元金10万円未満の場合⇒20%が上限金利
・元金10万円以上100万円未満の場合⇒18%が上限金利
・元金100万円以上の場合⇒15パーセントが上限金利

 

消費者金融のホームページでも、【金利〇%〜金利〇%】との表記があると思いますが、これは借りる金額によって金利が変わってくるからなんですね。

 

コチラでは実際に、【10万円を借りた際にかかる利子】についてをお話ししていきたいと思います!

 

 

10万円を借入した時の利子について

ちなみに、金利から利子を計算する方法はコチラです。

 

【借りた金額×〇%(金利)÷365日×30日=月にかかる利子】

 

今回は【10万円を借入した場合】の利子についてのお話しなので、コチラに10万円と、10万円を借りた際の利子【10万円以上なので18%】を適応して計算していきますね。

 

【10万円×18%÷365×30=1479円】

 

という事は、10万円を借りたら【10万1479円】で返済しなければならない、という事になりますね。

 

実際こうして計算してみると「もっと利子がかかると思ってた!」と感じる方が多いと思いますが、そこが落とし穴になります。

 

「返済回数」は見落としてはいけない!

返済時にかかる利子、先ほど計算したら「10万円では1479円」という金額になりますが、これは最短の30日で一括返済した場合の利子になるので、返済回数が大きくなると利子はどんどん加算されていく仕組みになっているのです。

 

多くの場合、お金を借りるのは金銭的に困っている状況であると思いますので、返済方法は分割で返済していく方がほとんどだとは思います。

 

では、返済回数に対して付く利息と、総返済額についてを見ていきましょう。

 

例】10万円を借入した場合【6回/12回/18回/24回/36回/47回】
■返済回数:6回
月の返済額:18,000円
利息:5,313円
総返済額:10,5135円

 

■返済回数:12回
月の返済額:10,000円
利息:9,018円
総返済額:10,9018円

 

■返済回数18回
月の返済額:7,000円
利息:13,168円
総返済額:113,168円

 

■返済回数:24回
月の返済額:5,000円
利息:19,429円
総返済額:119,429円

 

■返済回数:36回
月の返済額:4,000円
利息:25,771円
総返済額:125,771円

 

■返済回数:47回
月の返済額:3,000円
利息:38,781円
総返済額:138,781円

 

消費者金融などのホームページで記載されている利息は、最短の借入日数で返済した場合のパターンですので、返済回数が多くなるにつれてもちろん利息は多くかかってきます。

 

返済回数が6回の場合と返済回数が47回の場合、利息はなんと33,466円も違ってくるんです。「1ヶ月1,500円位なら…」と思って借入してしまうと、実は利息がこんなにかかってしまっていた、という状況になってしまう場合もあります。

 

これは、お金を借りる方が以外に知らない事実でもあり、勘違いしやすい部分でもあります。

 

 

意外にかかる利息!元金を減らしつつスマートに返済するなら「繰り上げ返済」を!

消費者金融は即日融資などを行っているので、困った時に利用しやすいイメージがありますが、利便性が良い分利息は銀行ローンなどから比べると高めに設定されています。

 

特に返済回数によっては利息がかさみ、元金が減らずに返済が長期化する…というパターンが多いので、お金を借りる際はしっかり返済プランを考え、なるべく少ない返済回数で返済出来る最小限の金額を借りるのがベストな借入方法です。

 

それでも、様々な事情でまとまったお金が必要な場合って、結構ありますよね。そんな場合は後からお金に余裕が出てきた時などにまとめて返済する「繰り上げ返済」がおススメです!

 

繰り上げ返済って何?

残りの返済額の一部、または全額をまとめて支払う方法です。

 

繰り上げ返済で返済額を大きくする事によって、かかる利息分は減っていき、元金も減りやすくなります。

 

消費者金融で返済が長期化するパターンは「返済額が少ない場合」で、長く返済期間を設ける事で利息がどんどん膨らんでしまう為、元金がなかなか減らずに返済が長期化してしまうんです。

 

なので、返済をなるべく短期間で済ませる為にも、余裕のある時に一部、または全額を返済する事で、これまでにかかる分の利息を減らす事にも繋がるんです。

 

サービスはを利用しながら賢く利用しよう!

ちなみに、消費者金融から10万円以内の少額借入を考えている場合、一括返済出来るメドがあるのなら、消費者金融で行っている「30日(最大)利息無料サービス」などを利用する事が賢い利用方法です。

 

初めての利用の方限定ではありますが、「給料日まであと2〜3万足りない!」という場合などに便利なサービスでもありますので、一括返済出来る程度の少額融資をご利用の場合はこういった利子が一定期間無料になるサービスなども視野に入れて、消費者金融を選んでみて下さいね。

 

注意!「無職」や「過去に延滞記録がある方」などは借りれない

即日融資、少額融資にも柔軟に対応しているので利用しやすい消費者金融ではありますが、「安定した収入がある方」が申し込みの基準となりますので、無職の方(消費者金融によっては主婦も入る場合も)は申し込みをしても、借入する事が出来ません。

 

フリーターであっても毎月収入がある場合は、収入証明書などを提出すれば審査に通る可能性も高くはなりますが、日雇いアルバイトなどの場合は審査に落ちてしまう可能性はグンと高くなってしまいます。

 

また、注意しなければいけないのが「過去7年のうち、支払などで延滞をしていないか?」です。

 

消費者金融は融資の審査を行うにあたり、「指定信用情報機関」に登録されている金融情報を観覧し、審査の基準にしています。

 

この指定信用情報機関には自分自身の金融にまつわる情報が登録されており、何社からいくら借入しているのか、ローンを組んだ履歴があるかどうか、支払の延滞があるかどうか…などの情報が細かく登録されているのです。

 

消費者金融はこの指定信用情報機関に加入する事によって、各消費者金融同士で顧客の金融情報を共有する事が出来ます。※ちなみに指定信用情報機関への消費者金融の加盟は義務付けられているものになります。

 

よく言われている「ブラックリスト」ですが、実際にはブラックリストというものは存在していません。ブラックリストと呼ばれる元になっているのが、この「指定信用情報機関」の金融情報なのです。

 

ちなみに、コチラに登録されている金融情報は、最長7年まで保存されています。ですので、過去7年のうちに金融事故(支払いの踏み倒しや延滞など)を行った事がある場合、キャッシングの審査に通りにくくなる可能性がとても高くなってしまうのです。

 

主婦は借入する事が出来ないの?

消費者金融などの金融業者では「総量規制」と呼ばれる法律が適応されており、年収の3分の1以上の金額の借入は出来なくなってしまいました。

 

という事は、収入のない主婦の方は消費者金融などで原則借入する事が出来ない可能性の方が高くなってしまっているのが現状でもあります。

 

消費者金融での借入は難しい部分はありますが、銀行カードローンなら主婦でも借りれる所がありますので、主婦の方で今すぐ借りたい!という方は、銀行カードローンがおススメですよ。

 

10万円を借りる時におススメの消費者金融は?

10万円を借りる際は、30日金利無料サービスなどを実施している消費者金融がおススメです。

アコムの特徴

アコムでは、急な出費にも対応出来る「即日融資サービス」や、「最大30日間金利無料サービス(初めての方限定)」などを行っております。

CMなどでも知名度が高いので、初めてのキャッシングでも安心して利用する事が出来ます。

価格
評価 評価5
備考
アイフルの特徴

アイフルは審査まで最短30分!スピード融資が魅力の一つの消費者金融です。

初めて利用の方は「30日金利無料サービス」になるなどのサービスも充実しています。

価格
評価 評価4
備考
プロミスの特徴

プロミスは「WEB完結サービス」を行っているので、郵送物やカードレス取り引きに対応した消費者金融です。
※対象金融機関は200行以上あります。

価格
評価 評価3
備考
モビットの特徴

モビットはカードレス銀行の中で、日本顧客満足度1位を取得!会員サービスが充実しており、継続して利用しやすい消費者金融です。

価格
評価 評価3
備考

 

 

 

 

http://www.inidownload.com/ http://www.kitacoro.com/ http://www.nyzdgjg.com/ http://www.a-junip.com/ http://www.beststraightenerguide.com/ http://www.fukuoka-osouji.com/ http://www.o-ailand.com/